1. トップページ
  2. 群馬のランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

今週のおすすめランニングコース

ランチの後はランで楽しく
ランチの後はランで楽しく
愛知県常滑市(11.4km)
ロード,夕方,早朝,往復

海老がたくさん入ったトマト風味のスパゲッティ... 常滑焼きのカップでコーヒーを飲んだ後にランしました。駅付近から4.5kmほど走ると右手に海が見えてきます。蜃気楼のように遠くにはセントレア空港も望めましたよ。。。折り返しは堤防道路で北上を。途中可愛いお花に慰められ お祭りの威勢でゴールしました。わずか1時間あまり でも素敵なラントリップでした。

5

行きたい

0

行った

朝日と富士山を見る出張朝ラン。
朝日と富士山を見る出張朝ラン。
静岡県富士市(7.1km)
指定なし,指定なし,指定なし

新富士駅の駅前ホテルから海を目指しスタート 海岸で朝日と見て東へ、展望台で富士山を拝み、北上1号線を左に曲がり ホテル着。

4

行きたい

0

行った

沖縄・阿嘉島 ―ケラマブルーに包まれて―
沖縄・阿嘉島 ―ケラマブルーに包まれて―
沖縄県島尻郡座間味村(11.4km)
ロード,トレイル,ビーチ,早朝,周回

那覇・泊港からわずか1時間、慶良間諸島・阿嘉島には、ケラマブルーと呼ばれる美しい海と、ゆったりとした時間が流れています。
阿嘉集落をベースにスタート。阿嘉大橋で地続きとなっている、慶留間(ゲルマ)島と、さらに先にある外地(フカマ)島まで行くややハードなアップダウンもあるコースは、早朝ランがおすすめ。途中、重要文化財「高良家」も外から見学できます。
集落の西にある天城(アマグスク)展望台まで行けば、島を照らすすがすがしい朝焼けが見られるかも。また、足を延ばして早朝でまだ人けのない北浜(ニシバマ)ビーチまで行けば、運が良ければ天然記念物のケラマジカにも出会えるかも?
島での時間をとびきり満喫するには、何といっても早朝・朝食前がオススメです!(というか昼間は暑くて走れない!?)

7

行きたい

0

行った

忍者の街 伊賀の朝ラン。
忍者の街 伊賀の朝ラン。
三重県伊賀市(8.3km)
ロード,指定なし,指定なし

朝早く起き 忍者市宣言の伊賀の街を伊賀上野城を見ながら一周。街中には 忍者が見張ってる!駅名まで忍者市駅に変わってた。

8

行きたい

1

行った

ライド&ラン 隅田川を辿って築地〜浅草
ライド&ラン 隅田川を辿って築地〜浅草
東京都中央区(8km)
ロード,夕方,昼間,片道

浅草のランステ(Asics Connection Tokyoなど)に荷物を預けたら、地下鉄で浅草駅→東銀座駅を移動して、復路は隅田川の河川敷をランして戻ってくるライド&ランのコースです。

隅田川河川敷は信号無しで勝鬨橋(築地)から吾妻橋(浅草)まで繋がります。水辺の爽やかな風もあり快適に走れます。高速道路の下を走る区間も多く、夏の熱中症対策も出来ます。

東銀座駅から勝鬨橋までは晴海通りの歩道となりますが、歩行者が多いのでウォーミングアップと割り切ってゆっくり進みましょう。

勝鬨橋で隅田川の河川敷に降りたら本格的にラン開始。運河や支流と接続する地点では河川敷のテラスが途切れるので、事前に地図でコースを確認しておくことをお勧めします。

都心(東銀座や日比谷など)にランステを確保して、浅草から築地の方向に辿るのも良いです。

10

行きたい

5

行った

目黒区と渋谷区と世田谷区を一気にそして最後にブルーボトルコーヒー。
目黒区と渋谷区と世田谷区を一気にそして最後にブルーボトルコーヒー。
東京都渋谷区(13.4km)
ロード,昼間,周回

初めは目黒を出発して、代官山のオシャレなカフェをチラ見しながら渋谷区へ。富ヶ谷の交差点まがれば、すぐら代々木上原へ。少し坂道多いけどね。
環七を曲がりひたすら、走ります。車では見過ごすことの多い街の雰囲気味わいながらひたすら、駒沢通りをめざします。運が良ければ世田谷線も見れちゃうかも!駒沢公園いきたかったら、右へ。つかれたゃったは左へ折れましょう。
ゴールにはブルーボトルコーヒー!そこで美味しいコーヒーのもうや!レモネードも美味!

13

行きたい

1

行った

コース検索結果(29件)

赤城山ビギナートレイル
赤城山ビギナートレイル
群馬県前橋市(6.5km)
トレイル,昼間,早朝,周回

バス停と無料駐車場がある赤城公園ビジターセンターからスタート。 湖畔を走り出すと間もなく赤城神社へつながる赤い橋が雰囲気あり。 赤城神社で旅の無事をお願いしたら黒檜山登山口へ。 湖畔から山頂までの標高差は約450m、登山道はよく整備されています。 樹林帯や岩場を越えるコースは飽きがない。尾根に出ると秋色に染まった外輪山が一望できます。 標高1,826mの赤城山最高峰、黒檜山(くろびさん)山頂は広々とし眺め◎ 天気に恵まれれば長野県八ヶ岳連峰まで楽しめます。 黒檜山から駒ヶ岳への稜線は下って登って少しタフですが、やがて木階段からひろがる絶景は必見。 最後に大沼湖畔の車道へ出たら覚満淵へ。 標高1,360mに位置する覚満淵と言われる湿原は別名「小尾瀬」と呼ばれるほどの名所。 クールダウンも兼ねて、歩いて散策がオススメ。 およそ3時間程度でゴールできるこちらのコース。きっとビギナーもチャレンジしやすいはず。

71

行きたい

6

行った

伊香保温泉で森林浴ラン5km
伊香保温泉で森林浴ラン5km
群馬県渋川市(5km)
ロード,トレイル,早朝,昼間,夕方,往復

都内から2時間で行ける群馬の伊香保温泉。 標高800mあたりまで車で行くことが出来、日帰り温泉が利用できる。 今回のコースは温泉に入る前に気持ちよくカラダを動かしたい傾けのコース。365段の石段や足湯を横目に上ノ山公園を目指す。 片道2.5kmで展望台まで行くことが出来る。森林公園内はウッドチップの走路や木段があり、木に覆われていて森林浴ランが気持ちがよく夏場にもオススメ。距離を伸ばしたい場合は公園内を走れば距離の調整が可能。石段には露店も出ている(この日はたまこんにゃくのお店が出ていた)ので復路でに立ち寄るのも良い。

38

行きたい

7

行った

渋川伊香保トレイルランニング+α
渋川伊香保トレイルランニング+α
群馬県渋川市(17.5km)
トレイル,昼間,周回

渋川伊香保トレイルランニング大会で使われたコースです。 伊香保温泉街から伊香保のやまをぐるりと周回するコース。 ちょっと寄り道して雄岳・雌岳に登り絶景を堪能できます。 こちらのブログでコースレポートをアップしているので興味のある方は立ち寄ってください。 http://takeiteasy-running.blog.jp/archives/34404418.html

34

行きたい

2

行った

めがね橋とトンネルで歴史と紅葉を感じる「アプトの道」
めがね橋とトンネルで歴史と紅葉を感じる「アプトの道」
群馬県安中市(12.5km)
ロード,早朝,昼間,往復

群馬県安中市松井田町横川から軽井沢方面へ向かう碓氷峠には、かつてのアプト式の鉄道が名を馳せた明治26年(1893年)からの趣が残っている。昔から交通の要衝として知られてきた碓氷峠に「鉄道」を開通させることは悲願であったが、技術改良を重ねて時代の流れとともにやがてその姿を消すこととなった。 それらの線路跡と多くのトンネルは、現在「アプトの道」というJR信越本線横川駅〜旧熊ノ平駅までの片道6kmほどの遊歩道に姿を変えた。多くの観光客がここを訪れるが、近年では紅葉の時期に碓氷峠でハーフマラソンが開催され、ランナーにとっても馴染みのある場所となった(大会はアプトの道ではなく中山道を走る)。 本コースはアプトの道での紅葉の様子と、かつての鉄道の歴史を走りながら感じることのできる素晴らしいコースである。碓氷峠の11月の気候は晩秋らしくひんやりと気持ち良い。途中には、晴れの日には美しく輝く水面と彩りのある紅葉が見れる碓氷湖、そしてレンガ作りの雄大なめがね橋をみることができる。 旧熊ノ平駅までの合計10つものトンネルではひんやりとした空気感がまた心地よく、そこを走り抜けることでその土地に対してまた違った感じ方ができる。このコースは6kmほどの道を走ったあとに、熊ノ平駅で折り返してからはスタート地点まで全て下り勾配の道となるので、碓氷峠が日本では珍しい「片峠」であることを実感できる。 天候、陽の当たる角度や時間帯によってもそうであるが、この道は行きとはまた違った景色が帰り道にはある。変わりゆく景色の素晴らしさを体感し、リフレッシュした自らの心身の変化を感じながらゴールを目指して駆け下りると、昨日までになかったポジティブな自分と出会うことができるだろう。

32

行きたい

5

行った

谷川岳馬蹄形縦走
谷川岳馬蹄形縦走
群馬県利根郡みなかみ町(24.7km)
トレイル,早朝,昼間,周回

百名山の谷川岳まわり白毛門山・笠ヶ岳・清水峠・七ツ小屋山・武能岳・茂倉岳・一ノ倉岳・谷川岳と馬のヒヅメのごとく周回するコース。 秋なら草紅葉が美しく楽しめるコースであるが自分が行った時はガスって 残念な結果に。。。 今回は反時計回りに回ってみましたが、時計回りで行くのも良いでしょう。 (反時計回りのメリットは後半に最悪ロープウェイを使えることでしょうか) 鏑木毅さんは「馬蹄形を1日で回れれば一人前のトレイルランナー」と言われていますので挑戦してみてはいうかがでしょうか。

29

行きたい

1

行った

ビギナーにおすすめ倉渕トレランコース
ビギナーにおすすめ倉渕トレランコース
群馬県高崎市(5km)
トレイル,早朝,昼間,周回

群馬県高崎市の西の倉渕地区にできた1周5kmのトレラン専用のコース。 それほどアップダウンなくコースは木屑が敷き詰めてあり膝にやさしいのでビギナーにおすすめです。 コース近辺にはコンビニや自販機が全くないのでドリンクや軽食は持参してください。 コースのいたるところにイノシシ注意のマークがありますが脅しじゃないようです。 自分自身3回目撃しましたので熊鈴などがあるとよいと思います。

29

行きたい

2

行った

眺望絶佳・尾瀬沼
眺望絶佳・尾瀬沼
群馬県利根郡片品村(18km)
トレイル,早朝,昼間,往復

スタート地点の大清水は標高1180m。そこから尾瀬沼を目指すにはまずは、一ノ瀬休憩所までの割とイージーな歩いて1時間ほどのゆるやかな上りを進みます。そこから、狭い山道となり、いよいよ勾配もキツくなってきます。 三平峠に向かった頃には標高は標高は1762m。大清水から600m弱上ったことになります。ここからは尾瀬沼を望むことが出来ます。三平峠を下れば尾瀬沼です。 私が行った5月下旬は残雪どころか、三平峠や尾瀬沼周辺はスキー場のようになっており、歩くのにも苦労します。その時期からどんどん雪が溶け始め、本格的な尾瀬沼ハイキングのハイシーズンとなります。 天気の良い日は尾瀬沼の向こうに燧ヶ岳が見え、風がなければ燧ヶ岳が水面に映し出されます。私が行ったときはこの時だけ奇跡的に晴れました!!!!!(これはマジです) 尾瀬沼は日本で一番高いところにある沼・池です。標高1600mから見える景色には圧巻されることでしょう。また、時間帯によっては幻想的な姿を見せます。晴れていると、清々しい尾瀬の景色そのものが見られます。 ちなみに、眺望絶佳 (ちょうぼうぜっか)とは、目の前の風景がすばらしい様子のことを言います。目の前に綺麗な山と、水面のに映し出されるその姿、また、時期によっては水面にも氷が残っており、そしてミズバショウが咲いている。この“組み合わせ”はまさに奇跡そのものです。 こちらは尾瀬ケ原と打って変わって、人はそれほど多くないので、天候がよければ写真撮影や食事、読書など、ゆっくりと思い思いの時間を過ごすことが出来るでしょう。野鳥のさえずりにも耳を傾けてみましょう。尾瀬沼一周は結構な距離がありますので、色んな場所からの色んな景色を観ることが出来ます。 スタート地点の大清水まではバスか自家用車でいくことが出来ます。ちなみに大清水からは携帯電話やスマホはほとんどの場所で圏外になります。また、気温は平地に比べて10℃程低く、山の天気は崩れやすいので雨具等の山グッズを携帯して訪れましょう。

27

行きたい

1

行った

風霜高潔・至仏山
風霜高潔・至仏山
群馬県利根郡片品村(10.1km)
トレイル,早朝,周回

日本百名山、尾瀬の至仏山。写真の通り、快晴なら言う事無しです。 “風霜高潔”とは、清らかに澄んだ秋の景色のことをいいます。 青い空、緑の山々、オレンジの朝日、紅い紅葉、白い雲海、色彩のオンパレード 私が行った時は、まさにそんな感じでした。スーパーオススメです。

25

行きたい

1

行った

赤城・榛名・妙義・浅間を一望できる絶景牛伏山トレイルランニング
赤城・榛名・妙義・浅間を一望できる絶景牛伏山トレイルランニング
群馬県高崎市(5.6km)
ロード,トレイル,昼間,周回

吉井町にあるごみ焼却施設をスタートして山頂の牛伏山展望台を目指すコースです。 群馬高崎を取り囲む赤城山・榛名山・妙義山と遠くの浅間山を一望できる絶景ポイントがあります。 山頂にある琴平神社では鐘がつける(ようです。) 登りはひたすら急階段を上るバーティカルコース。 下りは稜線に沿っておりるトレイルコース。 ゴール後は牛伏ドリームセンタでお風呂に入れるコースです。 下記のブログにレポートをアップしているので興味のある方は立ち寄ってください。 http://takeiteasy-running.blog.jp/archives/30670166.html

24

行きたい

3

行った

標高2000mの高原クロカンコース(高峰温泉)
標高2000mの高原クロカンコース(高峰温泉)
群馬県吾妻郡嬬恋村(4.1km)
トレイル,早朝,昼間,夕方,往復

長野県小諸市と群馬県嬬恋村の境に位置する「高峰温泉」付近のクロスカントリー林間コース。 コース全体が、ほぼ標高2000mに位置するクロカンコース。 ランニングコースとしては国内有数の標高です。 本来は、スキーのクロスカントリー用に作られたコースのようですが、最近ではランナーの合宿などにも使われることがあるそうです。 路面がほぼ砂利道なので、足元注意ですが、良いトレーニングになります。

23

行きたい

1

行った

秘境!日本一のモグラ駅土合駅と湯吹きの滝
秘境!日本一のモグラ駅土合駅と湯吹きの滝
群馬県利根郡みなかみ町(3.1km)
ロード,早朝,昼間,夕方,往復

「日本一のモグラ駅」と形容される群馬県利根郡みなかみ町にあるJR土合駅は「関東の駅百選」に選ばれています。 また、土合駅だけでなく谷川岳登山のロープウェーまでの道のりを土合駅から走り、途中にある土合橋から見える”湯吹きの滝”は、素晴らしい景観(写真3枚目参照)であります。 このコースではそこからロープウェーのところまで走り、折り返して土合駅に戻ってきます。 土合駅は駅舎の入口の斬新なデザインはもちろんのこと、そこから地下のモグラホームに向かう道のりは非常に興味深いです。 補足ですが、JRで新潟県側から電車で土合駅までくると”地上”のホームで降車します。 それが、群馬県側からくると、モグラ駅のホーム=地下トンネルの中となり、日本一のモグラ駅と言われる、キツい486段の階段を上らなければなりません。 モグラ駅の凄さを目の当たりにする”楽しみ”を最後に取っておきたい場合は車かバスで行くか、新潟側から行きましょう。 土合駅は、無人駅で、一日の利用者数も少ないです。また、モグラホームでは、電車が来るとモヤがかかり、気温が低下します。夏でも寒いぐらいです。 北関東・最高の夏に涼める秘境です。

22

行きたい

2

行った

榛名湖を一望できる絶景烏帽子岳トレランコース
榛名湖を一望できる絶景烏帽子岳トレランコース
群馬県高崎市(2.6km)
トレイル,昼間,往復

榛名湖畔にある榛名湖温泉ゆうすげ元湯館をスタートして烏帽子岳山頂まで登るトレランコース。 榛名湖を一望できる絶景が味わえます。 斜面が急なのでコースはハードですが距離は短いので初心者でも挑戦できます。 コースレポートはこちらのブログで紹介しています。 http://takeiteasy-running.blog.jp/archives/21503110.html

20

行きたい

4

行った

榛名湖周回ラン
榛名湖周回ラン
群馬県高崎市(5.3km)
ロード,早朝,昼間,夕方,周回

榛名湖マラソンの舞台を走ってきました、 標高1000m超えの榛名湖。コースの4/5が木陰で真夏でも快適に走れました。

20

行きたい

3

行った

ダムマニア必走!奥四万ダム湖周回。
ダムマニア必走!奥四万ダム湖周回。
群馬県吾妻郡中之条町(5.8km)
ロード,早朝,昼間,周回

私の実家のある群馬県で、コバルトブルーの湖水は透明度国内ベスト3、訪れた者に深い感動を与える奥四万湖をご紹介します。 都心から自家用車で約3時間、中之条町内から四万温泉街を目指し更に奥へ。 旅館や民家がなくなりますと、やがて巨大な西洋風の砦が目前に現れます。 ランニングスタート地点はダムの下流側にある公園にしました。園内はトイレのみがあり食料などは調達出来ません。事前に準備必要です。 支度ができたらスタートします。 まずは巨大ダムの最上部に向け斜度のキツい坂を攻略。登り切りますと絶景が目に入ります。 南西側約90m眼下にはダムの足元が一望でき、 また、反対側は、四万ブルーの湖面が美しく輝きます。しばし眺めを楽しんだ後は、湖畔の周回コースに進みます。1周4km、左右どちらを回っても500mごとに表示があり親切です。また熊避けの鐘が定置してありちょっとビビります。出没情報もありますので注意しながら進みましょう。 山々の緑、清んだ空気、ブルーの湖水、山鳥のさえずりが贅沢に感じます。 周回コースは、程好くアップダウンあり。景色を観ながら走っているとあっという間に1周終わり。 整備されたトイレは数ヶ所あります。 残念ですが、四万こしきの湯は、閉館されておりました。現場は、自販機のみ。また、コース途中には、広場や滝等もあり。時間をかけてランを楽しむのもありですね。

18

行きたい

3

行った

花鳥風月・尾瀬ケ原
花鳥風月・尾瀬ケ原
群馬県利根郡片品村(9.5km)
トレイル,早朝,昼間,往復

尾瀬といえば高原の盆地という特殊な地理条件のため、素晴らしい自然が景色がそこにあり、また季節ごとに違う顔を持っている場所です。 私が訪れた5月末のある日は、霧が出ていて幻想的な雰囲気 (写真参照)を醸し出していました。これが、晴れている日だと違う顔(恐らくこの顔がよく見る一般的な尾瀬の明るい顔...)になりますし、夏になると咲く花々もまた違った顔をのぞかせます。 鳩待峠までは、バスで向かうことが出来ます。そこから尾瀬ケ原までは下りのコースを3km弱。ここはハイシーズンともなると人でいっぱいになるので走るどころではありませんので配慮をしていきましょう。基本的にはトレッキングやハイキングの場所と考えておいてください。 複線部分の木道は基本的に右側通行となっていますが、誰も周りにいないのであれば...たまーにちょっと気分良く走ってみるぐらい (周りに迷惑をかけない程度)なら特に問題ないと思います。 尾瀬ケ原では尾瀬の景観として有名な木道が待っています。またミズバショウやニッコウキスゲなどの定番の花々を見ることが出来るでしょう。尾瀬ケ原は標高1400mに位置し、天気の良い日は至仏山などを望むことが出来ます。 ちなみに鳩待峠からは携帯電話やスマホはほとんどの場所で圏外になります。また、気温は平地に比べて10℃程低く、初夏のミズバショウの季節は残雪も多いです。山の天気は崩れやすいので雨具等の山グッズを携帯して訪れましょう。

15

行きたい

1

行った

ユネスコ世界の記憶に登録された上野三碑を巡る高崎自然道
ユネスコ世界の記憶に登録された上野三碑を巡る高崎自然道
群馬県高崎市(18.2km)
ロード,トレイル,昼間,片道

ユネスコ世界の記憶に登録された上野三碑を巡りながら高崎自然道を走る全長18kmコース。 道中上野三碑以外にも様々な石碑があります。 トレラン半分、ロード半分。 給水ポイントはあまりないので最低でも500mlのスポーツ飲料は持参した方がよいです。 こちらのブログでもコースレポートを投稿しているので興味のある方はお立ち寄りください。 http://takeiteasy-running.blog.jp/archives/27005234.html

15

行きたい

3

行った

上州武尊山スカイビュートレイル
上州武尊山スカイビュートレイル
群馬県利根郡片品村(30.1km)
トレイル,昼間,片道

上州武尊山スカイビュートレイルレース 連続アップダウンが多く距離以上に厳しいコースでしたが、それを乗り越えると辛さを楽しみに変換できると思った

15

行きたい

2

行った

嬬恋高原キャベツマラソン
嬬恋高原キャベツマラソン
群馬県吾妻郡嬬恋村(21.4km)
ロード,早朝,往復

嬬恋キャベツマラソンは、キャベツ畑沿いにあるパノラマライン。その道中は、高低差200mを下ったり、登ったり、しかも7月の大会で日影も少ない。難コース。だからこそ終わった後は、感動満載。美味しく、楽しく、ハーフマラソンを楽しめますよ。 https://www.beginnerrunningmagazine.com/single-post/2017/04/02/%25E7%25AC%25AC10%25E5%259B%259E%25E5%25AC%25AC%25E6%2581%258B%25E9%25AB%2598%25E5%258E%259F%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25A3%25E3%2583%2599%25E3%2583%2584%25E3%2583%259E%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25BD%25E3%2583%25B3%25E3%2582%2589%25E3%2581%258F%25E3%2582%2589%25E3%2581%258F%25E5%258F%2582%25E5%258A%25A0%25E3%2583%2591%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF

14

行きたい

5

行った

四万温泉朝ラン!早朝の四万川ダム!
四万温泉朝ラン!早朝の四万川ダム!
群馬県吾妻郡中之条町(3.4km)
ロード,早朝,昼間,片道

四万温泉最奥の宿、中生館に宿泊して朝ランしました。 前日の雨は何処えやらの快晴で気持ちよく朝ラン開始。宿を出るとすぐ横に日向見薬師堂。 最初はずっと下りで、交差点を四万川ダム方面へ。 ここからは急勾配な坂を駆け上がります。 途中リスとかいました 笑 1kmほど坂を走ると目的地に到着。 坂道の疲れが吹き飛ぶほどの絶景が楽しめます! 帰りは下り坂でクールダウン。 四万温泉は都内からも行きやすいので週末のラントリップにもオススメです!

14

行きたい

0

行った

群馬屈指のパワースポット榛名神社から天狗山・大日陰の紅葉絶景トレラン
群馬屈指のパワースポット榛名神社から天狗山・大日陰の紅葉絶景トレラン
群馬県高崎市(7.1km)
トレイル,昼間,往復

群馬県屈指のパワースポット榛名神社をスタートして天狗山・大日陰のトレランコースです。 前半は急な上り坂ですが、中盤以降はなだらかな斜面なので楽しめます。 天狗山を少し行った大日陰で岩山からみる秋の紅葉の絶景は感動ものです。 投稿したコースのルートは榛名神社からさらに登って榛名湖畔まで行きますが、 榛名神社をスタート・ゴールにして楽しめると思います。 こちらのブログでも紹介しているので興味のある方は訪問してください。 http://takeiteasy-running.blog.jp/archives/26798875.html

13

行きたい

3

行った