1. トップページ
  2. 鳥取のランニングコース


ルート
路面タイプ
時間帯
距離
起伏
信号機
街灯

ステーション条件

タイプ
機能

検索

コース検索結果(27件)

「ブロッコリー神社」を眺め尽くす
「ブロッコリー神社」を眺め尽くす
鳥取県西伯郡南部町(3.5km)
ロード,早朝,夕方,往復

鳥取県南部町は米子市から車で20分ほどの所にある、のどかな田園風景が広がる場所。その南部町には「ブロッコリー神社」と呼ばれる、パワースポットがある。 正式名称は小原神社(客神社)といい、近年ジブリファンの間では「トトロの森」とさえも呼ばれている。ブロッコリー神社の周囲には日本の原風景があり、リラックスランに最適。あえて遠くから、いろんなアングルからブロッコリー神社をを見ることによって、より趣深い姿を感じることができる。 オススメの時間帯は朝か夕方で、季節によっても田んぼの色合いに変化がある。様々な角度、距離感、時間帯、季節によってブロッコリー神社の感じ方は人それぞれであるが、一見の価値がある場所である。

16

行きたい

0

行った

坂ジョグ「馬ノ山」 ひっそりとした雰囲気 鳥取県湯梨浜町 
坂ジョグ「馬ノ山」 ひっそりとした雰囲気 鳥取県湯梨浜町 
鳥取県東伯郡湯梨浜町(5.7km)
ビーチ,トレイル,ロード,夕方,昼間,早朝,周回

◼︎ダイジェスト https://youtu.be/PO3v_Rb8GDc ◼︎コース 宇野公園〜羽合臨海公園砂浜沿い〜橋津古墳群〜橋津集落〜馬ノ山〜ハワイ風土記館〜羽合臨海公園松林〜宇野公園 標高106.9mの低山「馬ノ山」への上り坂ジョギング。 すぐ隣は日本海と東郷湖。 里山独特の、人の生活はすぐ近くにありながら、ほとんど誰とも出会うことない、不思議な感覚でジョギングできます。 投稿したコースは短いですが、枝分かれした道はたくさんあるので、もっと距離を延ばすことができます。 発着の駐車場はトイレ併設でトイレットペーパーもちゃんとあります。 羽合温泉がすぐ近くにあるので、走ったあとに温泉に行くのも楽しいと思います。

8

行きたい

0

行った

鳥取県南部町満喫コース1
鳥取県南部町満喫コース1
鳥取県西伯郡南部町(18.2km)
ロード,昼間,周回

しあわせ→トトロ神社→恩田さくら和牛牛舎→原工業団地(太ももウォーミングアップ)→母塚山山頂(心拍数がmax)→赤猪岩神社(トイレ休憩可)→法勝寺線跡経由電車展示場→しあわせ(お風呂でリフレッシュ) 参考HP:http://www.town.nanbu.tottori.jp/akaiiwa/1/2/

3

行きたい

0

行った

鳥取県の境港観光RUN
鳥取県の境港観光RUN
鳥取県境港市(13.1km)
ロード,夜,周回

ホテルエリアワン境港マリーナからスタートし、お魚ロード、水木しげるロードを巡る観光スポットRUN。

9

行きたい

3

行った

東郷池周遊コース
東郷池周遊コース
鳥取県東伯郡湯梨浜町(11.5km)
ロード,夕方,昼間,早朝,周回

鳥取県中部の東郷池をぐるっと回るコース。箱館山以外はほぼフラットな走りやすいコース。温泉施設と駐車スペースはたくさんあり、調子によって発着地点を選べます。街灯が少ない場所が多く、ナイトランには不向きかもしれませんが、四季折々の東郷池の景色は最高です。走っても、歩いても手頃なコースです。

8

行きたい

7

行った

皆生温泉モーニングラン
皆生温泉モーニングラン
鳥取県米子市(9.2km)
ロード,夕方,昼間,早朝,周回

皆生シーサイドホテルの目の前にある銅像からスタートして、海沿いの遊歩道を走ります。 目指すは弓ヶ浜公園。ぐるっとまわって10km弱です。 途中、みんな大好き(少なくとも僕は好き)防風林が登場。防風林はシーサイドランあるある。海沿いは綺麗でいいんですが、ずっと走ってると風に晒されて疲れたり、景色が変わらず飽きやすいので、防風林の中の散策路でプチクロカン出来るとテンションがあがります。 弓ヶ浜公園はマップでみたら広大な公園だったので目指しましたが、ほとんどゴルフ場でした(笑) 一般に入れるスペースは広くないですが、折り返しや休憩ポイントとして利用するとよさそうです。 このルートは周回していますが、後半は普通の街中を走るので、海が見たい方は折り返すといいでしょう。周回すると、最後にコンビニに寄れます。

32

行きたい

8

行った

あなたを誘う砂丘・鳥取砂丘
あなたを誘う砂丘・鳥取砂丘
鳥取県鳥取市(7.7km)
ビーチ,早朝,昼間,周回

鳥取県といえば、20世紀梨、大山、防砂林、境港のカニ、はわい温泉といったあたりですが、ここ鳥取砂丘も外せません。 綺麗な日本海を見ながら鳥取砂丘の急斜面を駆け上ったり、駆け下りたりして下さい。 春、秋は比較的過ごしやすい場所ですが、夏は砂の表面温度が熱すぎて、アッチッチ!!薄いシューズでは我慢比べになってしまいます^^; そんな場合はラクダ(有料)に乗って廻るのもよしでしょう。 日本では珍しい"砂漠"(正確には砂丘)なので迷子にならないようにしましょう。 冬は一転、走るかどうかは別として、綺麗な雪化粧を遂げます。

7

行きたい

5

行った